【NGS】初心者おすすめクラスの選び方【クラスの特徴まとめ】

2022年05月27日
クラス(サブクラス)の紹介 0

【NGS】初心者おすすめクラスの選び方【クラスの特徴まとめ】

最終更新日:2022/05/29

主な記事内容
  • クラスの特徴一覧表(リーチ・速度・範囲など)
  • 各クラスの特徴・メリット・デメリットを解説
  • クラスについての予備知識、クラスの選び方を解説

初心者向けに詳しく解説していきます。






クラスの特徴一覧表

クラスメイン武器攻撃属性得意距離攻撃速度範囲攻撃テク
ハンター
ハンターソード打撃
ワイヤードランス近+
パルチザン
ファイターツインダガー打撃超近
ダブルセイバー
ナックル
レンジャーアサルトライフル射撃
ランチャー中~遠
ガンナーツインマシンガン射撃近~中
アサルトライフル
フォースロッド法撃
タリス
テクターウォンド法撃
タリス
ブレイバーカタナ打撃近+
バレットボウ射撃
バウンサーデュアルブレード打撃近+
ジェットブーツ法撃近~遠

各項目の補足説明

クラスシンボルマークとクラス名
メイン武器装備可能な武器カテゴリ
メイン/サブどちらかが装備可能であれば使える
攻撃属性武器の攻撃属性(打撃・射撃・法撃)
得意距離武器の通常攻撃やPAなどのリーチの長さ、有効射程距離
攻撃速度武器の通常攻撃やPAなどのテンポの速さ、モーション速度
範囲攻撃範囲攻撃の広さ・利便性、複数を相手にする雑魚戦の適正
テクテクニックが使用可能かどうか
メイン/サブどちらかが使用可能であれば使える



ハンター(Hu)の特徴

ハンター

HP攻撃力防御力
1位6位1位

  • 正統派な近接打撃の戦士系
  • HPと防御力が高い
  • 最前線で敵の注意を引きつける「ウォークライ」

全クラスの中で最もHPと防御力が高く、被ダメージ軽減や吹き飛ばし無効のスキルがあったりと、耐久力に優れたクラスです。

特徴である「ウォークライ」は、タンクのようなスキルですが、全員アタッカーのNGSにおいては、敵の注意を引きつけることができるアタッカーという位置づけです。

耐久力が高く全局面に対応できることから初心者向けのクラスと言えます。


メリット

  • 耐久力が高いので安全に戦える
  • 吹き飛ばし無効スキルでゴリ押し攻撃

デメリット

  • 攻撃モーションがもっさり
  • チャージPAが多い

相性のいいサブクラス

  • フォース
  • ブレイバー
  • ファイター




ファイター(Fi)の特徴

ファイター

HP攻撃力防御力
2位1位4位

  • 超近接打撃クラス
  • 高火力な単体攻撃の専門家
  • 一時的に被ダメージを増加させて火力を上げる「リミットブレイク」

全クラスの中でも屈指の火力を誇る超近接打撃クラスです。特にボス戦において強さを発揮します。

特徴である「リミットブレイク」は、一時的に被ダメージを増加させて火力を上げる諸刃の剣です。デメリットも背負うため、立ち回りに注意が必要になります。

インファイトで敵の攻撃を回避したりカウンターを狙いながら戦う上級者向けのクラスになります。


メリット

  • 全クラスの中でも屈指の高火力
  • 単体ボス戦に対して強さを発揮

デメリット

  • 攻撃のリーチが短い
  • 複数雑魚戦など範囲攻撃が苦手

相性のいいサブクラス

  • ガンナー
  • フォース
  • ハンター
  • バウンサー




レンジャー(Ra)の特徴

レンジャー

HP攻撃力防御力
7位7位5位

  • 銃火器で戦う中遠距離射撃クラス
  • 中距離で威力が上がる(アサルトライフル)
  • 敵に与えるダメージが1.2倍になる特殊弾「ウィークバレット(WB)」

銃火器で敵と距離をとりながら戦うことができる中遠距離射撃クラスです。アサルトライフルには中距離で威力が上がる「適正距離」が存在します。

特徴である「ウィークバレット(WB)」は、命中した部位に与えるダメージが1.2倍になります。マルチ全員に効果があるため、一人いると有り難いクラスです。

WBで攻撃の先導役にもなるため、敵の弱点を理解した上級者向けのクラスと言えます。


メリット

  • 中遠距離から安全に戦える
  • WBはマルチでのサポート役として貢献度が高い

デメリット

  • 防御・耐久面に不安がある
  • アサルトライフルは中距離を意識して戦う必要がある(適正距離)

相性のいいサブクラス

  • ガンナー
  • フォース
  • ハンター




ガンナー(Gu)の特徴

ガンナー

HP攻撃力防御力
6位5位7位

  • 二丁拳銃で戦う近距離射撃クラス
  • 近距離で威力が上がる(ツインマシンガン)
  • ヒット数に応じてフィニッシュの威力が上がる「チェイントリガー」

二丁拳銃で空中を舞いながら戦うことができる近接射撃クラスです。ツインマシンガンには近距離で威力が上がる「適正距離」が存在します。

特徴である「チェイントリガー」は、攻撃のヒット数に応じてフィニッシュの威力(最大2.5倍)が上がり、その後の攻撃速度も上昇するため重要な要素となります。

適正距離やチェイントリガーなど高火力を出すには条件を揃える必要があるため、中級者向けのクラスと言えます。


メリット

  • 瞬間火力が高いチェイントリガー
  • 機動力・回避性能が高い

デメリット

  • 火力を出すにはチェイントリガーを駆使する必要がある
  • ツインマシンガンは近距離を意識して戦う必要がある(適正距離)

相性のいいサブクラス

  • フォース
  • ファイター
  • レンジャー




フォース(Fo)の特徴

フォース

HP攻撃力防御力
8位2位8位

  • テクニック(魔法)で戦う遠距離法撃クラス
  • 6属性のテクニックが使用可能
  • 2種の属性を併せた「複合属性テクニック」

テクニック(魔法)で距離をとって戦うことができる遠距離法撃クラスです。6属性×2のテクニックが使用可能で、2種の属性を併せた複合属性テクニックも3種あります。

敵の弱点属性で攻撃することで威力が1.2倍になり属性ダウンも狙えるため、敵の弱点属性によってテクニックを使い分けることが重要になります。

敵と距離をとって比較的安全に戦えることから初心者向けのクラスと言えます。


メリット

  • 遠距離から安全に戦える
  • テクニックで属性ダウンを狙える

デメリット

  • 防御・耐久面に不安がある
  • 単体火力が低め

相性のいいサブクラス

  • バウンサー
  • テクター
  • ハンター




テクター(Te)の特徴

テクター

HP攻撃力防御力
5位8位2位

  • 支援・補助が得意な法撃クラス
  • パーティーやマルチで真価を発揮
  • 味方の火力・耐久力を上げる「シフタ・デバンド」

味方の支援・補助をしながら戦うことができる法撃クラスです。近距離武器のウォンドと遠距離武器のタリスの両方を扱うことができます。

特徴である「シフタ・デバンド」は、味方の火力・耐久力・ダウン値・PP自然回復量を上げることができるため、パーティーやマルチに一人いると有り難いクラスです。

HPやPPの回復支援もできたりと、やれることが多く忙しいため中級者向けクラスと言えます。


メリット

  • マルチでのサポート役として貢献度が非常に高い
  • 物理ダウン・属性ダウンの両方が狙える

デメリット

  • 火力が低め
  • やれることが多いため忙しい

相性のいいサブクラス

  • フォース
  • バウンサー
  • ハンター
  • ブレイバー




ブレイバー(Br)の特徴

ブレイバー

HP攻撃力防御力
4位4位3位

  • 近接打撃のカタナと遠距離射撃のバレットボウが扱える
  • ガードや回避などのカウンターを織り交ぜて戦う
  • PP性能が上がりフィニッシュで強力な一撃を放つ「ブレイブコンバット」

近接打撃のカタナと遠距離射撃のバレットボウという対極の武器を扱うことができる打撃+射撃クラスです。ガード・回避などのカウンター性能が高く、敵の攻撃を利用しながら戦うと効果的です。

特徴である「ブレイブコンバット」は、一定時間PP消費量が減少し攻撃時のPP回復量が上がります。時間内にスキルをもう一度使用すると、強力なフィニッシュ攻撃を放ちます。

上級者向けの要素もありますが、回復性能が高く安全に戦えることから初心者でも扱いやすいクラスと言えます。


メリット

  • カタナとバレットボウの使い分けで近距離から遠距離まで対応
  • HP回復性能が高い

デメリット

  • 複数雑魚戦など範囲攻撃が苦手
  • 打撃と射撃の両方の強化が難しい(特殊能力)

相性のいいサブクラス

  • ガンナー
  • ハンター
  • フォース




バウンサー(Bo)の特徴

バウンサー

HP攻撃力防御力
3位2位6位

  • 打撃のデュアルブレードと法撃のジェットブーツが扱える
  • 敵をダウンさせやすい
  • 敵の部位破壊によって与ダメージ増加・被ダメージ軽減

打撃のデュアルブレードと法撃のジェットブーツを扱うことができる打撃+法撃クラスです。機動力が高く近接戦からテクニックでの遠距離攻撃まで行え、全ての局面に対応できる万能なクラスです。

ダウン値増加スキルが多く、敵の部位破壊によって自身が強化されるため、ボス戦において真価を発揮します。

PAに派生があったり仕様を理解するまでに慣れが必要な中級者向けのクラスと言えます。


メリット

  • 全ての局面に対応できる
  • ボス戦に対して強さを発揮

デメリット

  • 仕様が複雑なので覚えるのが大変
  • 打撃と法撃の両方の強化が難しい(特殊能力)

相性のいいサブクラス

  • フォース
  • ファイター
  • ハンター




クラスの予備知識

クラスは全部で8クラスあり、メインクラスとサブクラスを設定できます。選択するメインクラスによって「HP」「攻撃力」「防御力」が多少異なります。

クラスごとに扱える武器カテゴリが決まっており、それぞれ武器に専用の「フォトンアーツ(PA)」があります。メインクラスの武器には威力+10%の効果が付きます。



クラス変更について

クラスはクラスカウンターからいつでも変更可能です。シティ内であれば、マイセットのチャットコマンドでも変更可能。チャットコマンドをショートカットに設定しておくと楽なのでおすすめです。



スキルについて

トレイニア(コクーン・タワー)をクリアすることで、スキルポイントが獲得できます。スキルツリーにスキルポイントを割り振ることでスキルを習得できます。



サブクラスについて

  • サブクラスのステータスはメインクラスに反映されない
  • サブクラスで装備可能な武器(PA・テクニック)は使用可能
  • サブクラスの一部のスキルはメインクラスでも有効

サブクラスでも効果のある威力倍率スキルが控え目なので、サブクラス選択の自由度が高いです。「スキル」や「使用したい武器」の好みに合わせてサブクラスを選ぶことができます。




クラスの選び方

クラス難易度
ハンター初心者向け
ファイター上級者向け
レンジャー上級者向け
ガンナー中級者向け
フォース初心者向け
テクター中級者向け
ブレイバー初心者向け
バウンサー中級者向け

操作に自信のない初心者の方は、操作難易度の低い「ハンター」「フォース」「ブレイバー」辺りから始めるのもおすすめです。クラスはいつでも簡単に変更できるので、気軽に決めて問題ありません。

各クラスごとに扱える武器カテゴリが決まっているので「使いたい武器によってクラスが決まる」とも言えます。得意距離や攻撃速度を見比べて好みに合ったスタイルを選ぶのもいいです。

どのクラスにも一長一短あるので、足りない部分を「マルチウェポン」や「サブクラスの武器」で補うと戦いやすくなります。












おまけ

おまけ

カプタン掘りがんばりました。


一言

個人的には打撃が好きなので、ハンター(ソード)、ファイター(ダガー)、ブレイバー(カタナ)、バウンサー(デュアルブレード)をよく使います。
NGSは気軽にクラスを変更できるので、いろんなクラスを試して自分に合うスタイルを見つけてください。




おすすめ記事
トンテキ
この記事を書いた人: トンテキ
PSO2シリーズは2014年9月からプレイし続けています。Ship1とShip9にてのんびり活動中。主にHrとBoを使います。デュアルブレード愛好家。亀仙人風コスが多め。

twitter YouTube

コメント0件

コメントはまだありません