【PSO2・NGS】クリティカルの仕組み・上げ方【図解】

2021年12月24日
PSO2NGS 4

【PSO2・NGS】クリティカルの仕組み【図解】

最終更新日:2022/01/21

主な記事内容
  • クリティカルの仕様(倍率、発生率、上げ方)
  • ダメージ補正や威力下限補正の解説
  • クリティカルの表示(見え方)

初心者向けに詳しく解説していきます。






クリティカルの仕組み

クリティカルのイメージ図解

クリティカル倍率クリティカル発生率
旧PSO2ダメージ補正最大値5%
NGSダメージ補正最大値の1.2倍5%

「旧PSO2」と「NGS」ではクリティカルの仕様が異なります。


クリティカル倍率

旧PSO2のクリティカル:ダメージ補正の最大値(100%)
NGSのクリティカル:ダメージ補正最大値の1.2倍

ダメージ補正がいくつであろうと、クリティカル判定がでたら、必ずダメージ補正の最大値で計算されます。NGSは旧PSO2よりクリティカル威力が高いため、火力において重要度が高いです。


クリティカル率の上げ方

旧PSO2・NGS共に、素のクリティカル発生率は「5%」です。

クリティカル発生率を上げるには、

  • 潜在能力(武器「リサージュ」シリーズ)
  • プリセット能力(フィクサ・フェタル)
など(今後の実装次第で増える)

クリティカル発生率が上がる能力を付与することで、素のクリティカル率5%に「加算」されます。

例:「素のクリティカル発生率(5%)」+「フィクサ・フェタルLv.1(5%)」=10%



ダメージ補正とは

ダメージ補正の確認方法

ダメージ補正とは「ダメージのブレ幅」のことです。エネミーを攻撃した時の与ダメージは、ダメージ補正(ブレ幅)の範囲でランダムに変動します。与ダメージが一定ではないのはこのためです。

ダメージ補正は武器のアイテム詳細タブ2から確認できます。

ダメージ補正の値によってクリティカル率が変わることはありません。(関係なし)


ダメージ補正の例

ダメージ補正のイメージ図解

例えば、ダメージ補正75%~100%の武器であれば、通常ダメージは75%~100%の間でランダムに変動します。変動する通常ダメージを平均すると87.5%になります。

そのためNGSのクリティカルダメージ(120%)は、通常ダメージの平均(87.5%)から見ると、実質1.3倍以上の威力になるわけです。


威力下限補正について

特殊能力アームⅢ

特殊能力にある威力下限補正は、ダメージ補正の下限を底上げする効果のことです。旧PSO2における「技量」に相当する効果です。

威力下限補正のイメージ図解

例えば、ダメージ補正75%~100%の武器に特殊能力「アームⅢ(威力下限補正+2.0%)」を付けた場合、ダメージ補正の下限に対して「乗算」で計算されます。

0.75×1.02=0.765 ダメージ補正は76.5%~100%になる

つまり威力下限補正+2.0%は、実質与ダメージ+1.5%程度になるわけです。乗算で計算されるので、純粋な威力補正より少し低い数値になります。

威力下限補正によってクリティカル率が上がることはありません。(関係なし)



クリティカルの表示

クリティカルの見え方を画像で解説

クリティカル弱点ダメージ
旧PSO2青字で表示表示なし
NGS大きい字で表示青字で表示

「旧PSO2」と「NGS」ではクリティカルの表示が異なるので気をつけてください。

NGSのクリティカルは「通常よりも大きい字」で表示されます。青字で表示されるダメージは弱点ダメージです。弱点+クリティカルの場合は、「大きい青字」で表示されます。

旧PSO2のクリティカルは「青字」で表示されるため青ダメと言われていましたが、NGSの青ダメは「弱点ダメージ」になります。











おまけ

おまけ

高いところシリーズ:ルーフ・マクアドの岩山の頂上
リテムは夜空に流星群のような光の線が出るのが特徴ですね。高いところから見ると更に絶景です。


一言

NGSはクリティカル威力が高いため、火力において見逃せない要素となります。今後クリティカル率を上げる能力が増えれば、プリセット能力のフィクサ・テルミナも化ける可能性がありますね。




おすすめ記事
トンテキ
この記事を書いた人: トンテキ
PSO2シリーズは2014年9月からプレイし続けています。Ship1とShip9にてのんびり活動中。主にHrとBoを使います。デュアルブレード愛好家。亀仙人風コスが多め。

twitter YouTube

コメント4件

コメントはまだありません

通りすがりの[゚д゚]

汎用?廉価?

度々通りかかる箱でございます。威力下限補正の話題という事で…

リテムOP追加でユニットOPだけで比較的安価にマイナス無し
ダメージ補正100%化が出来るようになったので
天井は低いが平均が高いOP構成なんて初心者向けには有りだろうか?と思いまして

アームⅢ      下限補正+2.0
ドルズ・ソールⅢ  下限補正+2.5 PP+5
エルナ・ノート   下限補正+2.0 HP+10 PP+3
ドレッド・キーパⅡ 下限補正+1.5 ダメージ耐性+1.5 HP+15 PP+4

一部位 下限補正+8.24 ダメージ耐性+1.5 HP+25 PP+12
三部位 下限補正+26.5 ダメージ耐性+4.56 HP+75 PP+36

武器は悩まず安価OP構成盛ればいいですし、最大ダメージは低いですが常に100%ダメージという事で
威力系にばかり目が行きがちですがNGSではメイン職以外にも良いと思ってます。

2021年12月29日 (水)
トンテキ

トンテキ

コメントありがとうございます。

>通りすがりの[゚д゚]さん

通りすがりの[゚д゚]さん、こんばんは~!
下限補正を盛るという発想が面白いです!
たしかに「下限補正=打射法威力補正」ということになりますよね。
目からフォトンの低コスト汎用OPです。

下限補正は乗算らしいので、
0.75×1.265=0.94875
ダメージ補正94.8%~100%でしょうか。(間違ってたらすみません
元の平均が87.5%とすると、10%ほどの威力UPが見込めますね。

汎用で火力、PP、HPとバランスのいい構成ですね!
いつか初心者向けコスパOP構成として記事にさせてもらうかもしれません。┏○ペコ

2021年12月30日 (木)

通りすがりの[゚д゚]

乗算でしたかー

乗算でしたかー それなら武器も同じ構成にすれば

0.75*1.372=1.029 で100%超えられますね
下限100% ダメージ耐性+6.13 HP+100 PP+48

でも武器に普通に10%盛った方が良さそうですねw

2021年12月31日 (金)
トンテキ

トンテキ

コメントありがとうございます。

>通りすがりの[゚д゚]さん

通りすがりの[゚д゚]さん、こんばんは~!
そうなんですよ。加算でちょうど100%程にしてブレたらしく、乗算の可能性が高いみたいです!
最近は7%くらいはかなり安く作れるので武器は火力特化盛りがコスパ良さそうですね~。
でも100%でダメージが固定されるのは気持ちよさそうですw

2022年01月01日 (土)