【PSO2】初心者クラス選び一覧【クラスの特徴まとめ】

初心者クラス選び一覧0-3

最終更新日:2020/03/17

今回は初心者クラス選び一覧です。

初心者向けということで、できるだけ難しいことは抜きにして、ざっくりとクラスの特徴をまとめました。
クラス選びの参考にしてもらえればと思います。



初心者クラス選び一覧1-3

どのPAを使うかなど状況によっては評価が当てはまらない場合もあるのでご了承ください


《各項目の補足》
クラス名クラス名とカッコ内は略称
全12クラス
通常クラス9種(Hu、Fi、Ra、Gu、Fo、Te、Br、Bo、Su)
後継クラス3種(Hr、Ph、Et)←初期状態では選択不可
メイン武器装備可能な武器カテゴリ(カッコ内は漢字表記)
全18種(全クラス装備可能武器「ガンスラッシュ」も存在する)
攻撃属性攻撃属性3種(打撃、射撃、法撃)
ジェットブーツ、ペット(サモナー)はスキルで攻撃属性の変換が可能
法撃依存の打撃属性(武器や特殊能力は法撃力が適用、スキルなど倍率○%UP系は打撃力が適用)
エトワールのウォンドは打撃か法撃の高い方が適用される
得意距離武器の通常攻撃やPAなどのリーチの長さ、有効射程距離
攻撃速度武器の通常攻撃やPAなどのテンポの速さ、モーション速度
単体・ボス単体火力の高さ、1対1などボス戦の適正
複数・ザコ範囲攻撃の利便性、複数を相手にする雑魚戦の適正
滞空滞空のしやすさ、空中戦の適正
テクニックテクニック(魔法)が使用可能かどうか
(メインクラスかサブクラスどちらかが使用可能であれば使えるようになる)





《ハンター(Hu)》


初心者クラス選び一覧2

ハンターの特徴
  • 高いHPと防御力で頑丈
  • 最前線で敵の注意を引きつける
  • サブクラスとしても重宝

正統派な近接打撃の戦士系。

高いHPと防御力、敵の注意を引きつけるスキルがあったりとタンクのような性質を持っていますが、全員アタッカーのPSO2においては明確にタンクとしての役割は存在しないので、敵の注意を引きつけることができるアタッカーという位置づけ。

オートメイト(自動でHP回復アイテム使用)など生存率を上げるスキルがあるので初心者でも安心。
サブクラスとしても非常に有用です。


メリット
  • 防御・耐久面のスキルが豊富
  • オートメイト(自動でHP回復アイテム使用)で初心者でも安心

デメリット
  • 特に無し
  • 他人のロックオンを外すホールドPAに注意(ワイヤードランス)

相性のいいサブクラス
  • ファイター(高火力)
  • エトワール(ダメージ70%カット)
  • ファントム(ギア増加量UP、テク使用可)






《ファイター(Fi)》


初心者クラス選び一覧3

ファイターの特徴
  • 攻撃のスペシャリスト
  • 一時的にHP最大値を下げて火力を上げることができる「リミットブレイク」
  • 超近接打撃クラス

攻撃に特化したクラス。

攻撃力を上げるスキルが多く、自身を状態異常(HP最大値低下)にして火力を上げることができるリミットブレイクは大きな特徴です。火力を出すための条件が多く、扱いに理解が必要な上級者向けクラスと言えます。


メリット
  • 条件が揃えば爆発的な火力を出せる
  • 手数が多く小回りが利く

デメリット
  • 全クラスで一番リーチが短い
  • 敵と前後の位置関係で威力が変わる

相性のいいサブクラス
  • ハンター(安定火力、マッシブ、オートメイト)
  • エトワール(ダメージ70%カット)





《レンジャー(Ra)》


初心者クラス選び一覧4

レンジャーの特徴
  • 中遠距離から銃で戦う射撃クラス
  • 敵の防御力を低下させる特殊弾「ウィークバレット(WB)」
  • トラップで敵を弱体

中遠距離の遠くから銃器で戦いたい人におすすめ。近距離の敵に手を焼くので距離を保って戦いたい。

敵の防御力を低下させる特殊弾「ウィークバレット」は大きな特徴。WBはマルチ全体に大きな影響があるため、使うのが当然という認識になっているので注意。攻撃の先導役にもなるため、敵の弱点を理解した玄人向けともいえます。


メリット
  • WBなど補助としてマルチでの貢献度が高い
  • トラップで集敵、PP回収も

デメリット
  • 静止して戦うことも多いので接近戦や対多数が苦手
  • 防御、回避性能がイマイチ

相性のいいサブクラス
  • ハンター(安定火力、マッシブ、オートメイト)
  • エトワール(ダメージ70%カット)





《ガンナー(Gu)》


初心者クラス選び一覧5

ガンナーの特徴
  • 二丁拳銃でスタイリッシュに戦う
  • 射撃だけど空中戦が得意な近接クラス
  • 通常攻撃のヒット数に応じてフィニッシュの威力が上がる「チェイントリガー」

滞空して空を舞いながら二丁拳銃でスタイリッシュに戦いたい人向け。銃でありながら近距離でダメージが上がるスキルがある近接クラスです。

通常攻撃のヒット数に応じてフィニッシュの威力が上がる「チェイントリガー」は瞬間ダメージトップクラス。ギアの維持やHPの維持が火力に直結するため、できるだけ被弾しないように戦いたい。


メリット
  • 瞬間ダメージトップクラスのチェイントリガー
  • 武器アクションのスタイリッシュロールは回避性能が高い

デメリット
  • 敵と距離があると火力低下
  • ダメージを食らうと火力低下

相性のいいサブクラス
  • ファイター(高火力)
  • ハンター(安定火力、マッシブ、オートメイト)





《フォース(Fo)》


初心者クラス選び一覧12

フォースの特徴
  • 俗に言う魔法使い
  • テクニック(魔法)を駆使して戦う遠距離法撃クラス
  • 複合テクニックが強くて爽快

テクニック(魔法)で戦いたい人向けの遠距離法撃クラス。

テクニックは「火、氷、雷、風、光、闇」の各属性に複数のテクニックが存在するので非常に多彩。二つの属性を合わせた必殺技「複合テクニック」は強くて爽快です。

フォースは耐久力が低く、テクニックをチャージすると隙も大きいので立ち回りに気をつけたい。


メリット
  • 多彩なテクニックで全局面に対応できる
  • 状態異常付与も簡単

デメリット
  • 耐久力に不安あり
  • 強さを追求するとテクニックカスタマイズが大変(購入可)

相性のいいサブクラス
  • テクター(光・闇・風強化、PP回復力、支援強化)
  • ファントム(テクニックショートチャージ、機動力)





《テクター(Te)》


初心者クラス選び一覧13

テクターの特徴
  • 補助テクニックでの支援が得意な法撃クラス
  • パーティーやマルチで真価を発揮
  • 雑魚を集めてウォンドでぶん殴る

支援をしながら戦いたい人向け。味方を支える縁の下の力持ち。

補助テクニックが強化されるスキルがあるため、周囲のプレイヤーの攻撃力、防御力、HPなどを上げることが可能です。パーティーやマルチに一人いるとありがたい存在。

味方の支援をしつつ自分でも攻撃できます。ウォンドの通常攻撃は複数の敵に対して殲滅力が高く、敵を集めて殴ると強力。


メリット
  • 支援としてマルチでの貢献度が非常に高い
  • ウォンドの通常攻撃は複数雑魚の殲滅力が高い

デメリット
  • 法撃力はフォースに及ばず、PAは1つしかない
  • 攻撃のバリエーションが少ないのでソロコンテンツはやや不利

相性のいいサブクラス
  • ハンター(マッシブ、オートメイト、打撃〇、攻撃テク✕)
  • ファントム(テクニックショートチャージ、打撃〇、攻撃テク〇)





《ブレイバー(Br)》


初心者クラス選び一覧6

ブレイバーの特徴
  • 近接打撃のカタナと遠距離射撃のバレットボウが武器
  • 対極の武器を戦況に応じて使い分ける
  • 紫のオーラがイケメン

近接打撃のカタナと遠距離射撃のバレットボウという対極の武器を使い分ける。(どちらかの武器だけで戦うことも可)

カタナは単体戦から複数戦まで対応できて扱いやすい。ギアの開放で紫のオーラを纏うのがカッコイイ。カタナコンバットで20秒間無敵になれるので初心者でも安心安全。

バレットボウは単体ボス向きで瞬間的に大きなダメージを出すことができますが、扱いが少し難しく慣れが必要。


メリット
  • 武器の使い分けで近距離から遠距離まで対応可能
  • 前衛(カタナ)にも後衛(バレットボウ)にもなれる

デメリット
  • 特に無し
  • 滞空性能がイマイチ

相性のいいサブクラス
  • ハンター(安定火力、マッシブ、オートメイト)
  • レンジャー(弓専門、WB)
  • ファントム(ギア上昇量UP、テクニック可)





《バウンサー(Bo)》


初心者クラス選び一覧7

バウンサーの特徴
  • 何でもこなせる万能クラス
  • 周囲に影響のある支援スキルがある
  • 空中戦が得意で動きがトリッキーな魔法戦士(情報の渋滞

打撃武器のデュアルブレードと打撃依存の法撃武器のジェットブーツを使う。
空中戦が得意で動きがトリッキー、PP回収力が高く継続した攻撃が可能です。

周囲に影響のある支援スキルがあり、テクニックも使用可能なため、周囲の支援をしながら戦うことができます。

PA自体は用途がはっきりしているものが多く初心者でも使いやすいのですが、武器やスキルの仕様が少しややこしく、器用にいろんなことが出来る分、使いこなすまで慣れが必要。


メリット
  • 火力、支援、単体、複数、空中、何でもできる
  • PAは使いやすいものが多い

デメリット
  • 武器やスキルの仕様がややこしい、覚えることが多め
  • 使えるアクティブスキルが多く、サブパレットが圧迫される

相性のいいサブクラス
  • ハンター(火力+防御・回復、マッシブ、オートメイト)
  • ファントム(攻撃特化、ギア上昇UP、PP回収UP、テクショートチャージ)





《サモナー(Su)》


初心者クラス選び一覧8

サモナーの特徴
  • ペットで戦う法撃クラス
  • 12種のペット
  • 敵の攻撃がペットに向くので安全

ペットで戦いたい人、アクションが苦手な人にもおすすめ。

武器のタクト自体に攻撃力はほとんど無く、タクトはペットに攻撃を指示するリモコンの役割。実際に攻撃を行うのはペットで、ペットを育成・強化することで攻撃力が上がります。

12種のペットを使い分けていろいろな局面に対応可能。ジャストアタックは無く、アクションが苦手な人でも戦える。ペットのマネジメントが重要という特殊なクラスです。


メリット
  • 敵の攻撃がペットに向くので安全に戦える
  • 簡単操作でアクションが苦手な人でも楽しめる

デメリット
  • ペットの育成やキャンディーボックスなどサモナーだけの仕様を覚える必要がある
  • アクションゲームとして戦っている感覚に乏しい

相性のいいサブクラス
  • ファイター(高火力)
  • ファントム(安定火力、ファントムマグ法撃UP、PP回復UP、テクショートチャージ)





《ヒーロー(Hr)》


初心者クラス選び一覧9

ヒーローの特徴
  • 攻撃的な万能クラス
  • 簡単操作でそれなりの火力が出せる
  • 必殺技「ヒーロータイムフィニッシュ」が強い

打撃、射撃、法撃の3種の武器を使う後継クラス。
攻撃のテンポ、機動力など操作性がよく全ての局面に対応できます。

敵の攻撃を回避と同時に通常攻撃を入れるカウンターや、ギアを消費して放つ必殺技「ヒーロータイムフィニッシュ」は非常に強力。滞空性能も高く、空中の安全圏から一方的に攻撃することも可能です。

攻撃が当てやすく、簡単操作でそれなりの火力を出せますが、大きなダメージを受けると攻撃力が下がるため、攻撃を避けてカウンターや効率よくギアを溜めるなど、上手く立ち回ることで高い攻撃力を発揮します。


メリット
  • 攻撃が当てやすく、簡単操作でそれなりの火力
  • 空中の安全圏から一方的に攻撃できる

デメリット
  • ギアの仕組みが少し複雑
  • 5秒間に最大HPの20%のダメージを受けると火力が下がる

相性のいいサブクラス
  • 後継クラスなのでサブクラス無し(設定不可)





《ファントム(Ph)》


初心者クラス選び一覧10

ファントムの特徴
  • 1つのPAで2種の性能(シフトPA)
  • 回避など無敵時間が長い
  • ロッドでテクニック(魔法)を主体に戦っても強い

打撃、射撃、法撃の3種の武器を使う後継クラス。
1つのPAに対し、武器アクションからPAを出すと異なる性能に変化。(シフトPA)

近接打撃のカタナや遠距離射撃のアサルトライフルだけでも戦えますが、ロッドでテクニックを中心に戦っても強いです。

テクニックのチャージ時間が短く、チャージ中は人魂のようになり、素早く動けたり長い無敵時間があったりとテクニックに有利なスキルも充実しています。(複合テクニックは使用不可)


メリット
  • テクニックのチャージ時間が短い
  • 回避性能が高い

デメリット
  • 出来ることが多く複雑、使いこなすまで時間が必要
  • テクニックカスタマイズが大変(購入可)

相性のいいサブクラス
  • 後継クラスなのでサブクラス無し(設定不可)





《エトワール(Et)》


初心者クラス選び一覧11

エトワールの特徴
  • 耐久力が飛び抜けて高い(ダメージ70%カット)
  • アイテム以外のHP回復量が全て1になる
  • パーティーメンバーを支援するスキルが豊富

打撃メインの後継クラス。近距離で被ダメージをあまり気にせず戦いたい人向け。
攻撃モーションはゆったり目。

ダメージを70%カットするスキルが大きな特徴です。その代わりアイテム以外のHP回復量が全て1になり、テクニックも使用不可。

パーティーメンバーを支援するスキルが豊富ですが、自動支援だったり、支援スキルの再使用時間が長いので、自分が支援をしているという実感は薄めです。


メリット
  • ダメージ70%カット、ある程度被弾を無視して戦える
  • パーティーメンバーを支援するスキルが豊富

デメリット
  • テクニック使用不可
  • アイテム以外のHP回復効果が全て1になる

相性のいいサブクラス
  • 後継クラスなのでサブクラス無し(設定不可)






《クラスについての予備知識》


クラスとは?
クラスは一般的に言う「」と同じです。
現在12クラス(通常クラス9、後継クラス3)
通常クラスにおいてはサブクラスを設定可能。(後継クラスはサブクラス無し)

各クラスごとに扱える武器カテゴリが決まっています。
クラスごとにメイン武器専用の技「フォトンアーツ(PA)」があります。

クラスのレベルを上げるとスキルポイントが獲得できます。
スキルツリーにスキルポイントを割り振ることでスキルを習得します。


サブクラスとは?
通常クラスはサブクラスを設定できます。
サブクラスの影響はかなり大きい。

  • サブクラスのパラメーターの20%が加算
  • サブクラスのスキル・フォトンアーツ(PA)は使用可能
  • サブクラスがテクニック使用可能ならメインクラスでも使用可

サブクラス次第で立ち回りも変わるので「メイン/サブ併せて一つのクラス」と認識しておきましょう。


後継クラスとは?
後継クラスは上級クラスのようなものです。サブクラスは設定できません。
後継クラスを使用するには、NPCコフィーの「○○クラス解放許可試験」をクリアする必要があります。

いずれか2クラスレベル75にする

称号「
まだ見ぬ境地へ」が取得できる
称号は称号カウンターで貰うことではじめて取得したことになるので忘れずに!

NPCコフィーのオーダー「
○○クラス解放許可試験」をクリアする
(クリア条件:称号「まだ見ぬ境地へ」の取得)


クラスの変更
クラスの変更はゲートエリアのクラスカウンターより可能です。
服を着せ替えるように簡単に変更できます。(無制限)
スキルの振り分けもクラスカウンターから可能です。

マイセットにクラス構成&装備を登録しておけば、簡単に好みのクラス構成に変更できます。

コマンド入力でもマイセット選択が可能。チャットから「/ms1~/ms18」を入力することでマイセットを実行できます。更にコマンドをショートカットに設定しておくとワンタッチで変更可能。





《クラスの選び方について》


初心者の方は、まず通常クラスの中から選ぶことになります。
クラスはいつでも簡単に変更できるので、気軽に決めて問題ありません。

各クラスごとに扱える武器カテゴリが決まっているので「使いたい武器によってクラスが決まる」とも言えます。打撃・射撃・法撃のどれにするのかでも絞られますね。

打撃クラスや射撃クラスを使うつもりであれば、サブクラスとして優秀なハンターの育成をしておくことをおすすめします。ハンターの武器であるソードはヒーローでも流用できますね。

全ての通常クラスをレベル75にするのが理想
通常クラスをレベル75にすると「クラスブースト」といってステータスにボーナスが付きます。そのため通常クラスは全てレベル75にするのが理想です。クラスブーストをもらおう












《おまけ》

青部屋にて
初心者クラス選び一覧14
(撮影:なひ)

今回のゲストはロメーダさんミュルさんユクさん黒山羊さんです。
何とも珍しいブロガー巡礼鯖旅行中のロメーダさん。
駄々をこねてミュルママとヤギパパに叱られながら能力付けをする永遠の5歳児ユクたん。


《トンテキの一言》
私は初めて使ったクラスはブレイバーでした。
単純にカタナという響きだけで決めたと思います。(´゚艸゚)∴ブッ
そしてプレイし始めた頃がちょうどEP3でバウンサーが実装された時だったので、その後バウンサーに転身しました。
元々二刀流が好みでデュアルブレード一筋でプレイしてましたね。
これまで法撃クラス以外は使いましたが、今はバウンサーとヒーローがほとんどになりました。
PSO2は気軽にクラスを変更できるので、いろんなクラスを試してみるといいですね。ъ(゚Д゚)


応援していただけると嬉しいです。





《おすすめ記事》

コメント

コメントの投稿

非公開

スポンサーリンク

検索

ロドス&暗影カレンダー

ロドス暗影カレンダー2020年4月

 

応援お願いします♪

プロフィール

トンテキ

Author:トンテキ

2014年9月初プレイ
Ship1・Ship9にてのんびり活動中!
デュアルブレード愛好家
Twitter@pso2_qanda

よく読まれている記事


リンク集